スポンサードリンク

頭皮が弱い・アレルギーでもカラーリングできる?

 

カラーリングが頭皮に染みる

おしゃれ染めはしてみたい、ちらほら出てくる白髪は染めたい。でも…アレルギーや肌が弱くて染めても大丈夫か心配ですよね?

 

染める方法は何種類かありますので肌が弱い人が染められないということはありません。

 

ただし、注意点もあります。
例えば、カラー剤に含まれるジアミンという成分にアレルギーが出ている場合は薬液が頭皮や髪に残りやすく、また細心の注意も必要になるためセルフカラーはお勧めできません。

 

そもそもジアミンアレルギーは許容出来る器の大きさが違うだけでカラーを繰り返す方は誰しもがなりえるのです。単に生涯の内に出るか出ないかの差があるだけということですね。では、他の注意点も見ていきましょう。

 

頭皮に染みる方のカラーをする前の注意点

 
パッチテストをしてみよう

市販のカラー剤でも可能ですし、皮膚科や美容院でもやってくれます。体の一部に薬剤を乗せてアレルギー反応を見るものです。パッチテストでアレルギー反応が出たら、アレルギーがあるということですのそのカラー剤は使えないということですね。

 

市販のカラー剤は使わない

市販のカラー剤は使わない

使わないと明記しましたが、市販のカラー剤を使用する際は特に細心の注意が必要となってきます。何故ならばどんな髪の方にも染まるようにアルカリ剤が強めに配合されています。

 

アルカリ剤が強めに配合されているということは、肌や髪に成分が残りやすくダメージの原因にも繋がってしまうのです。その為、塗り方や時間等細心の注意が必要となってくる訳です。

 

美容院でのカラーはどんな方法?

 

美容院でのカラー

カラーリングで頭皮に染みた経験のある方は、美容院でカラーを行なうことをおすすめします。

 

まず美容院では染める前にアレルギーや今までに染みたことがあるかは必ず伝えましょう

 

また、当日の朝はシャンプーをしない方が染みなくなります。次に美容院でのカラーではどういった方法があるのか見ていきましょう。

マニキュア

地肌につけないコーティング剤です。従来のカラー剤と違いアルカリ剤を使わないので髪の毛を明るくする力はありません。白髪には入るけれど黒髪を茶色くする力はありません。

 

香草カラー

葉っぱの植物染料で染めるものです。こちらも低刺激ですが髪の毛を明るくする力はありません。一昔前にヘナと言われる植物性のカラー方もありましたがジアミンアレルギーのショック症状が問題視され美容業界からは撤退しました。100%天然ヘナ等も出ていますのでくれぐれも、安全性を確認してから選んでください。

 

アルカリカラー剤

美容院で髪を明るく染めるにはアルカリカラー剤が必要になります。塗る前に保護オイルや頭皮のトリートメント、頭皮にはつけないギリギリのところで塗る方法やハイライトといって地肌につけず無数のメッシュをいれる事で髪を明るくする方法もあります。

 

より明るい色に染めたい場合、ブリーチ剤といって髪のメラニン色素を脱色する方法がありますがブリーチ剤は刺激を強く感じる方がとても多い為、よくよく美容師さんと話あって下さいね。

 

今まで頭皮に染みたことのない方も要注意

女性の方の場合、生理中や妊娠中のカラーリングには注意が必要です。
生理中や妊娠中はホルモンの関係によって頭皮が敏感になりやすく染みやすかったりかぶれやすかったりもします

 

今までトラブルはなかったという方でもカラーリング中、少しでも変だなと思ったら直ぐに洗い流し無理をしないようにしましょう。

 

また、ついついカラーリングを楽しんで一月の内に何度もカラーチェンジをしたり、間違った知識でセルフカラーをすると頭皮も弱まり、アレルギーへのカウントダウンが加速します。カラーリングは程々にして下さいね。

 

頭皮トラブルシャンプーランキングへ

 
スポンサードリンク