スポンサードリンク

頭皮の血行を改善する3つの方法

頭皮の血行改善

頭皮トラブルの原因の中には頭皮の血行不良があります。頭皮の血行不良を改善することで、頭皮のトラブルを予防・改善することができますので是非、試してみて下さいね。

 

それでは早速、頭皮の血行を改善する3つの方法を見ていきましょう。

 

頭皮マッサージ

頭皮も体の部位と同じく筋肉が張り巡られています。頭を触った時に頭皮にゆとりがなく動かない人は凝っている証拠。指の腹を使って優しくほぐしてあげましょう。

 

メディアで紹介されている「ヘッドスパ」も効果絶大ですのでおすすめです。

 

 

正しいシャンプー

正しいシャンプーのイメージは美容室でしてもらうシャンプーです。

 

爪を使わず、指の腹で頭皮をくまなく丁寧に洗い、基本は二度洗いになります。泡だっていない時にシャンプーをすると髪がひっかっかってしまいますので、泡立ちが悪いと感じたら一度流して丁寧に二回目のシャンプーに入りましょう。

 

汚れが取り切れていなかったり、洗い流しが足りていないと毛穴が詰まってしまい血行不良の原因となってしまいますので注意して下さいね。但し、一日に何回も洗う必要はありません。必要な油分も取ってしまうので一日一回にしましょう。

 

 

生活習慣の見直し

疲れが貯まると血液の循環が悪くなりやすく、頭皮への血液循環も悪くなってしまいます。ストレスや栄養不足、無理なダイエットなども厳禁!

 

なるべく疲れをため込まずに疲れたなと感じたら息抜きすることを心がけましょう。マッサージやシャンプーを変えてみたのに変化がないと感じた時は生活習慣が原因となっている可能性が高いので、注意して下さいね。

 

頭皮の血行を悪くするのによくやってしまうこと

頭皮の血行改善

 

効果 詳細
スタイリング剤を頭皮につける ワックスやスプレーを頭皮につけてしまうと毛穴がつまってしまいます。スプレーは15センチ程はなして使いましょう。
トリートメント剤を頭皮につける リンス、コンディショナーも頭皮につけてしまうと毛穴つまりの原因になってしまいます。根元にはつけず中間から毛先にかけてつけましょう。
髪の毛を引っ張る 頭が痛い凝ってると言って引っ張ったり、きつく結いあげるのは頭皮に負担が掛かってしまい逆効果ですので注意しましょう。
頭皮を叩く ブラシ等で叩いて刺激を与えるのは頭皮に傷がついてしまいます。先が尖ったブラシは使わず使うのであればシリコン製のものにしましょう。
帽子をかぶったままにしない 帽子を長時間被り続けていると、帽子の中が蒸れ汗や皮脂が貯まりやすくなってしまいます。汗や皮脂が溜まると頭皮トラブルの原因となってしまいますのでこまめに汗や皮脂を除去するよう心掛けましょう。

 

頭皮の血行不良にとって良いこともあれば、逆に悪影響を及ぼしてしまう行為もあります。そこで、頭皮にとってNGな行為について見ていきましょう。

 

「これ、普通にやってちゃってる・・・」なんて思った方も多いのではないでしょうか?頭皮によくないことは意外と多いですが、少し気をつけるだけでも効果あるのでちょっとだけでも気を付けてみてくださいね。

 

頭皮の血行がよくなるとこんないいことが起きる

頭皮の血行改善

 

効果 詳細
抜け毛が減る 頭皮の血行が良いと強い髪が生えてくるようになりますので、抜け毛が減ります。
髪にハリ・コシが出る 髪の毛を産み出す細胞が、活性化され健やかな髪の毛になります。
顔のリフトアップ 顔と頭は皮膚一枚で繋がっているので血流が良くなると気になる目元や頬のたるみもなくなっていきます。
頭皮のにおいがなくなる 頭皮の匂いの大きな原因は、毛穴につまった皮脂や汗など。健康な頭皮=正しいシャンプーができていることを意味しますので、加齢臭や脂臭さといった頭皮の嫌な匂いがなくなります。

 

頭皮は髪の毛の生えてくる土台です。その頭皮が生き生きとしていて悪いことは何もありません。まずは手軽にできる毎日のシャンプーからケアしてみてはいかがでしょうか。

 

↓↓↓

 

※画像をクリック!

頭皮トラブルシャンプーランキングへ

スポンサードリンク