スポンサードリンク

カラーで頭皮傷めない3つのポイント

頭皮にダメージを与えるカラー

繰り返しのカラーリングは、髪の毛にダメージを与えるということはよく知られていますが、繰り返しのカラーリングは頭皮にもダメージを与えてしまいます。

 

いくら髪や頭皮に良くないからといってカラーをしないというのは、つまらないですよね。そこで、頭皮に負担が掛からない為の注意点を3つ紹介します。

 

頻繁なカラーリングは控える

頭皮を傷めないためにカラーの間隔を開けましょう

髪の毛を色んな色にしてみたい、稀に週に一回カラーチェンジをしたり二週間に一度の白髪染めをする方もいます。

 

しかし、カラーリングを行なう間隔が狭ければ狭い程、髪はもちろん、頭皮にも大きなダメージを与えてしまいます。目安として最低1ヶ月は間隔を空けるようにしましょう。

 

ホームカラーをする時は細心の注意をする

ホームカラーは頻繁に行うと頭皮に良くない

ホームカラー剤は、プロ用のカラー剤に比べて匂いを抑えるための成分が配合されています。この匂いを抑える為の成分が頭皮や髪の毛に残りやすくダメージに繋がりやすくなってしまうのです。

 

また、カラー剤は時間を長くおけば置くほど染まると言う訳ではありません。時間を長くおけば置くほど髪や頭皮に負担を掛けてしまいますので既定の時間内で流しましょう。

 

間に低刺激のカラーリングを挟む

間に低刺激のカラーリングを挟んで頭皮への負担を減らす

ブリーチでハイトーンにしている場合、1ヶ月後のリタッチは明度を押さえたアルカリカラーに抑え、一度、休息をいれてブリーチする期間をあけましょう。

 

間に低刺激のカラーリングを挟むことで、髪や頭皮へ負担を掛ける間隔が長くなるので効果的です。

 

白髪染めも半月に一度くらいにして、カラーが見える所のみにしたり、香草カラー等の低刺激な薬を使い刺激を押さえる方法も効果的です。

 

頭皮トラブルシャンプーランキングへ

頭皮を守りながらカラーする5つの方法

頭皮を守りながらカラーをする方法

頭皮に負担を掛けないでカラーを楽しみたい!という方に、頭皮を守りながらカラーを楽しむ5つの方法を紹介します。

 

0カラー

カラーの塗布技法の一つで頭皮にカラー剤を着けず根元ギリギリ迄詰めて塗る方法です。髪の毛を明るくしたり、白髪を染める事も可能。ただし、白髪が多い場合は従来の染まりより劣ってしまいます。

 

ホイルワーク

カラー技法の一つで、頭皮にカラー剤を着けず細かいメッシュを入れる事によって、髪を明るく見せたり白髪を染めたり馴染ませる方法です。

 

保護剤を塗る

カラー剤を塗って行く前に頭皮に保護オイル、トリートメント等をつけて守ってから塗っていく方法です。

 

マニキュア

アレルギーが出てしまった方の最終手段となる方法です。髪の毛の表面に茶色や黒各種の色味を乗せてコーティングする為、カラー剤を頭皮には着ける事はありません。ただし、髪の毛を明るくする成分は一切入っていないので安全性は高いですが、髪の毛を明るくする事は難しい為、黒髪を茶髪にするといった大きな変化はできません。

 

香草カラー

葉っぱを乾燥させた粉末タイプのもです。従来のヘナと似ていますが成分はまったく違います。ヘナにも天然ヘナでないと化学物質やアレルギー成分が強く入っているものもありますので注意して下さいね。香草カラーも髪の毛を明るくする成分は入っておらず、多くの場合、白髪や一度明るくした髪の毛に使います。

 

誰でもアレルギーになる要素を持っています

個人差はあるもののカラー剤のアレルギーになる可能性は誰もが持っています。特に一般的なお洒落染めや、白髪染めに含まれるジアミンと言う成分はアレルギー性があるので要注意!

 

一度アレルギーになってしまとカラーリングが出来なくなってしまいますので、頭皮にあまり負担を掛けないよう注意しましょう。

スポンサードリンク