スポンサードリンク

頭皮の乾燥にはどうしたら良いの?

頭皮も他の皮膚と同じく乾燥して痒くなったりフケがでたりします。
頭皮にもスキンケアで潤いや保湿をしてあげましょう。

 

頭皮が乾燥していると!?

頭皮が痒くなる

細かいフケが出る

 

頭皮の乾燥の原因

 

季節によるもの

冬場の冷たい空気に触れると肌が乾燥するしてしまいますね。頭皮も肌と同じく冬場は乾燥しやすくなります。

 

シャンプーのしすぎ

毛穴や頭皮の汚れを取り除くことのできるシャンプーですが、一日に何度も頭を洗うと必要な皮脂迄取り除いてしまいます。必要な皮脂まで取り除いてしまうと頭皮は乾燥してしまうのです。

 

シャンプー剤が強い

洗浄効果の強いシャンプーを使うと、皮脂が落ち過ぎてしまいます。洗浄効果の強いアルコール系のシャンプーやトニック系クール系の使用は控えましょう。

頭皮の乾燥対策7箇条

フケや痒みの原因となる頭皮の乾燥を改善する7つのポイントを紹介します。

 

頭皮に優しいシャンプーを使う

頭皮に優しいシャンプーで乾燥対策

痒みをともなう乾燥した頭皮に、痒いからと言って刺激のあるシャンプー剤を使ってしまうと更に油分が消えてしまいます。シャンプーは低刺激のものを使って洗いましょう。

 

美容院等では乾燥に適したシャンプーも販売しています。ドラッグストア等に売られている物でしたら赤ちゃん用やオーガニック用、センシティブ用等を使いましょう。

シャンプーは1日1回

シャンプーは1日1回

頭を洗う回数は1日に1度で充分です。洗いすぎると必要な油分迄取り除かれてしまい頭皮の乾燥の原因となってしまいます。

 

シャンプーの後、頭皮の皮脂量は6〜24時間で元の量に戻りますので洗い過ぎに注意しましょう。

シャンプー前後はしっかり流す

シャンプーの前に髪の毛をしっかりと指の腹を使い流しましょう。これだけで頭皮や髪の汚れの80%は取れます。

 

特に頭が乾燥している場合はシャンプー剤の量をいつもより減らしてお湯で汚れを取ってあげましょう。シャンプー後もしっかり洗い流すことを忘れずに。

シャンプーはサクランボ大

しっかりとお湯で汚れを取り除いていたらシャンプー剤は半プッシュから1プッシュで十二分に泡立ちます。サクランボ大の量が目安です。

正しくシャンプー

正しくシャンプー

痒いからと言って、爪やブラシで強くこすると頭皮を傷つけてしまいます。指の腹を使ってくまなく地肌を丁寧に洗ってあげましょう。

 

泡立ちが悪い時は無理にシャンプーをせずに一度流してから洗いましょう。泡立っていない時に地肌を洗うと髪の毛や頭皮もダメージがでますので注意して下さいね。

頭皮用トリートメントを使う

しっかり乾かす

ベビーオイルや椿油等、化粧水等を使うという方法もありますが、乾燥している頭皮に顔用の高濃度な栄養素を与えると刺激が強くヒリヒリする可能性もありますので頭皮用のトリートメントを使う方がおすすめです。

 

顏用のものの中には、アルコール系やオイル系の成分が含まれている場合もありこうした成分は髪や頭皮トラブルの原因になってしまう可能性がありますので注意しましょう。

しっかりタオルドライ

シャンプー後は、しっかりとタオルで頭皮の水気をとってからドライヤーで乾かしましょう。

 

ドライヤーは一か所に当て続けず、ドライヤーを振りながら温風を一か所に集中させないようにしましょう。

 

頭皮が乾燥している時の注意点

乾燥している時は、カラーやパーマ等薬剤を使う事は避けましょう。頭皮は約28日周期で再生します。なかなか良くならないと不安にならずにゆっくりと構えましょう。

 

頭皮トラブルシャンプーランキングへ

スポンサードリンク