スポンサードリンク

頭皮のフケこれってなんとかならない?

 

頭皮のフケは二種類

毎日シャンプーをしているのにフケが出る。しかし、何故フケは出てしまうのか?フケには大きく分けて2種類あり、それぞれの原因が違ってきます。

 

乾燥性のフケ

皮脂性のフケ

 

見ての通り、それぞれのフケは全く正反対の原因で起こります。乾燥していてもフケが出る、逆に皮脂が多くてもフケが出るということですね。

 

正常な頭皮の方でも新陳代謝によってフケが生じますが、こうしたフケは微小なためにほとんど目に見えません。具体的にそれぞれのフケはどういった状態なのか?もう少し詳しく見てみましょう。

 

乾燥性のフケと皮脂性のフケを見分けるには!?

全く正反対の原因から起こるそれぞれのフケですが、フケのタイプを見極めないとフケを悪化させてしまう可能性があります。

 

フケのタイプの見分け方はとても簡単!頭皮を指の腹を使って軽くこすってみて下さい。正常な人であれば、さらっとして何も指には付いてきません。

 

指に白く細かいフケのようなものが付いて来る場合は、頭皮が乾燥していますので「乾燥性のフケ」となります。反対に指に油が付いてくる場合は皮脂が過剰に分泌されていますので「皮脂性のフケ」となります。

 

乾燥性のフケの特徴

角質が細かく小さなフケが落ちます。外因的要因が大きく、主に頭皮が乾燥している方に生じやすいフケのタイプです。

 

頭皮が乾燥する事によって起こる「乾燥性のフケ」はたくさん洗ってしまうと、より水分や皮脂が奪われてしまい悪化させてしまう可能性があります。

 

皮脂性のフケの特徴

頭皮からの皮脂の分泌が多くなる事によって大きな塊となってはがれおちます。皮脂性のフケにお悩みの方の場合、同時に頭皮のべたつきや匂いを伴っているケースが多いといえます。

 

乾燥性のフケの方に適したシャンプー

シャンプーの選び方

シャンプーの選び方

フケが出ている=清潔でないと思って強い洗浄力のシャンプーを使っている方は一度そのシャンプーの利用は控えて下さい。

 

洗浄力の強いシャンプーは、頭皮の乾燥を更に悪化させてしまいますので、低刺激タイプのシャンプーに変えましょう。

 

泡立ちは劣ってしまいますが、ベビー用シャンプーやオーガニックシャンプー等の髪や頭皮に優しいものを使って下さい。

 

シャンプーの仕方

シャンプーの仕方

皮膚科によっては、乾燥系の異常が見られた時は「お湯で流すだけにして下さい」と仰る先生もいるくらい、乾燥している頭皮に対しシャンプーは刺激が強くなってしまいます。

 

一日に何度も洗うのは控えましょう。頭皮の乾燥は、皮脂の分泌が追いつかなくなる事によって起きているので、シャンプーをする時には二度洗いでなく一度洗いに>変えてみましょう。

 

お湯でまんべんなく髪を濡らし、お湯で髪や頭皮の汚れを落とすイメージでしっかりと流します。シャンプー前に入念に髪を濡らし、流しておくことで頭皮や髪の汚れの7〜8割は落ちますのでしっかりと流しましょう。

 

シャンプー剤の量は何プッシュも使う必要はありません。髪の水気を絞った後に1プッシ(サクランボ大)を手に取り髪と空気に馴染ませるように良く泡立てましょう。

 

泡立ちが少ないと摩擦で髪や頭皮が傷ついてしまいますので注意して下さいね。ブラシや櫛等は使わずに指の腹を使ってマッサージするようにくまなく洗ってあげましょう。

 

流す時も濡らした時と同様充分に時間をかけて丁寧に流してあげましょう。

 

頭皮用オイル、トリートメントを使ってみる

乾燥している頭皮用のオイルやトリートメントが販売されていますので、こうしたオイルやトリートメントを使うこともおすすめです。

 

但し、乾燥対策にと顏用の化粧水や乳液を髪に使うのは控えて下さいね。化粧水や乳液にはアルコールが含まれている可能性もありますし、髪用のオイルやトリートメントを頭皮につけてしまうと保湿性が高過ぎてしまい帰って毛穴を詰まらせてしまう可能性もあります。

 

頭皮に使用するオイルやトリートメントは必ず「頭皮用」のものを使いましょう。

皮脂性のフケに適したシャンプー

シャンプーの選び方

シャンプー選び

皮脂の分泌が多いからと言って、洗浄力の強いシャンプーはお勧めできません。どうしても皮脂を落とす=洗浄力を求めがちですが、正常に傾いてきた際の頭皮へのダメージを考えると、やはりノンシリコンやオーガニック系ベビー用等の地肌に優しいものを選んでおく方が今後のトラブルの予防にもなりおすすめです。

 

また、市販されているシャンプーの中でも特にダメージ用は、かなりの確率でシリコンが配合されていますので注意して下さいね。

 

シリコン配合のシャンプーを使われていると毛穴や頭皮をコーティングしてしまい、毛穴が詰まりやすくなり返って皮脂性のフケを改善を妨げてしまう可能性もあるのです。

 

シャンプーの仕方

シャンプーの仕方

先ずはお湯でしっかりと汚れを落とす事が大切です。指の腹で地肌を解いてあげながらまんべんなくしっかりと濡らしてあげましょう。

 

頭皮が脂っぽい方の場合、基本的に二度洗いをお勧めします。1分程まんべんなく濡らした地肌に1プッシュのシャンプー剤を手のひらで馴染ませながら優しく洗っていきます。

 

一度目のシャンプーでは、汚れを「落とす」ではなく「浮かせる」目的で洗っていると思って下さいね。泡立ちが悪かったら摩擦で頭皮や髪が傷んでしまうので無理に洗わず一度ざっと流しましょう。

 

頭皮や髪が汚れていると泡立ちは悪くなります。二度目のシャンプーでは1度目同様、シャンプー剤を手のひらでで馴染ませながら指の腹を使いくまなくマッサージをするように洗いましょう。

 

この時爪やブラシ等は使わずに指の腹で洗って下さい。また流す時も十二分に流すよう注意して下さいね。普段の流しに+10秒を目安に追加してみて下さい。

 

食生活に気を配る

頭皮に良い食事

頭皮が脂っぽくなってしまう原因には、動物性たんぱく質の過剰摂取があります。

 

動物性たんぱく質も身体にとっては必要なものですが、食べ過ぎには注意すると共に健康な頭皮を作り出す「ビタミンA」や「ビタミンB」を積極的に摂取しましょう。

頭皮のフケ3つの注意点

毛穴を詰まらせない

乾燥性のフケ、皮脂性のフケ、どちらのタイプのフケでも大切なのは頭皮の毛穴を詰まらせないこと。

 

皮脂や汚れはもちろんですが、トリートメントやスタイリング剤を頭皮につけてしまうと毛穴の詰まりの原因となってしまいます。トリートメントは中間から毛先ワックスやスプレー剤は15センチは放して使いましょう。

不要な刺激は出来るだけ控える

カラーリングやパーマネントウエーブ等の科学的薬品を使用する事は出来るだけ避けましょう。

 

ヘアスタイルを楽しみたい気持ちはとてもよく分かるのですが、どうしてもこうした科学的薬品は頭皮へのダメージの原因となってしまいます。

 

フケが落ち着くまでは、頭皮に刺激を与えない為にも控えておくことをおすすめします。

フケが出るメカニズムを知っておく

フケは角質の剥がれたもので体で言う垢と同じです。頭皮の新陳代謝により、一番表面にある古い角質から剥がれ落ち新しい頭皮と順番に生まれ変わっていきます。

 

その為、フケが出る=健康な頭皮でも起こる現象ということは知っておきましょう。フケにお悩みの方の中には、頭皮が改善されても小さなフケが出ることで神経質になってしまう方もおられますので、フケの出るメカニズムを知っておくことも大切なことなのです。

 

但し、健康な頭皮の方の場合、ほとんど気にならないような微小のフケが出ますので、気付かない方も多いですね。

 

フケが出るのは当たり前のことですが、大切なのは「どのようなフケが出るか」ですので、気になってしまう程のフケが出る場合はフケのタイプを見極め、フケのタイプに合ったケアをしていくことが大切です。

 

頭皮の回復にはどれくらいの時間が必要?

人によって個人差はあるものの、基本的には顔と同じく28日周期でターンオーバーが行なわれます。皮膚は3層に分かれており、一番下の層でたえず新しく頭皮になる細胞を作りだし細胞が形を変えながら徐々に押し上げられ表面の頭皮になっていきます。

 

約14日で新しく生まれ変わりさらに14日でフケとなり剥がれ落ちていきますので最低でも1ヶ月、大体数カ月は掛かると考えて良いでしょう。

 

頭皮トラブルシャンプーランキングへ

スポンサードリンク