スポンサードリンク

赤い頭皮を正常にする7つの方法

頭皮が赤くなって困ってます

赤い頭皮は赤信号!!一度気づくと気になってしまう頭皮の赤み。頭皮は、新陳代謝のバランスが崩れると炎症を起こしてしまい赤〜茶褐色になってしまうのです。

 

赤い頭皮に気づいたら早めに対策を打つのが一番!赤い頭皮を改善する7つの方法を紹介しましょう。

 

生活習慣の見直し

しっかりと寝ましょう

頭皮は健康状態を表すパロメーターです。健康な頭皮の色は青白く透明、そこから疲労度合によって黄色→赤となっていきます。

 

しっかりとした睡眠や休養を取りましょう。

 

栄養、食事を見直そう

頭皮の健康は、栄養バランスや食生活の影響によっても変わってきます。頭皮を作る為に必要なビタミンA、ビタミンBをしっかり摂りましょう。

 

ビタミンA:はうなぎ、にら、にんじん、かぼちゃ、肝脂、緑黄野菜等
ビタミンB:Bには納豆、レバー、セロリ、ほうれん草こまつ菜等
サプリメントを上手く活用するのもおすすめです。

 

シャンプー剤を変えてみよう

刺激の少ないシャンプー選び

頭皮が赤く、かゆみや痛みがある場合には薬用シャンプーや低刺激の物に変えましょう。痒いからといってクール系のものや洗浄効果の強いものは更に炎症してしまう可能性もあります。

 

特に痒みの無い場合でもシリコンの含まれていないオーガニック系のシャンプーを選びましょう。

 

正しくシャンプーをしてみよう

地肌を洗う時には爪を使わず指の腹で丁寧に洗いましょう。強く力を入れればさらに刺激になり赤みは悪化してしまいます。不用意な力は入れず美容室でのシャンプーをイメージして丁寧に洗いましょう。

 

泡立ちが悪いと地肌にも良くありません。シャワーと指を使い頭皮をしっかり濡らしサクランボ大のシャンプーを手にとりしっかりと泡立てましょう。シャンプーの量は1プッシュから半プッシュ程度、二度洗いを基本にしましょう。

 

しっかり流す

しっかり流す

シャンプー剤やトリートメンットリンスコンディショナーは、しっかりと流しましょう。

 

シャンプーが残っていたり、リンス等を地肌につけると痒みやつまりの原因にもなります。いつもの流し+10秒は流してください。

 

 

マッサージをしてみよう

痒みがない場合は、頭皮全体をマッサージをして解してあげましょう。ブラシで叩いたりせずに両手の指の腹を使い顏のマッサージと同じくらいの力で優しくマッサージします。無理に解す必要はありませんので、優しく丁寧にマッサージしましょう。

 

パーマやカラー等を控える

パーマやcolorは控える

頭皮の炎症起きている時にカラーリングやパーマや縮毛矯正などの薬剤を使うと、染みやすくなる可能性が高く更に症状を悪化させてしまう危険も!

 

特にご自分でホームカラー等をする場合は、美容院の物に比べて刺激も強いので暫くは控えましょう。

 

頭皮に赤みが出てしまったら

個人差によってや症状によっても異なりますが顔の肌と同じく28日周期でターンオーバーが行なわれます。ターンオーバーがうまくいかないと、その分、治るまで時間が掛かってしまいますが、最低でも1ヶ月かかるものと考えましょう。

 

頭皮トラブルシャンプーランキングへ

スポンサードリンク