スポンサードリンク

アトピー肌の人が気をつけるべきシャンプーのポイント

アトピー肌が気をつけるシャンプーと入浴

シャンプーは長いあいだ継続して使用しているものがあれば、それを利用する事をおすすめします。しかし、ある日突然かゆみを感じたり、赤くなったりすることがあります。アレルギーはストレスや疲労など、様々な原因で起こる事なので予想ができません。

 

急な異常を発見するためにも、皮膚の状態を毎日観察しましょう。かさつき・かゆみ・赤みが出たら要注意です。頭皮トラブルが起こった場合は皮膚科医に相談しましょう。

 

アトピー肌の人が気をつけるべきシャンプーと入浴のポイント

シャンプーの仕方

石けんシャンプーや、お肌にあったシャンプーを利用しましょう。予洗い、すすぎをしっかり行い、頭皮の汚れを落としましょう。耳の後ろや襟足などは、ナイロンタオルではなく、綿タオルが刺激が少なくおすすめです。

 

お湯の温度

お風呂は熱すぎず、ぬるすぎず。目安としては、春・秋は40度、夏は38度、冬は42度くらいがおすすめです。体をふやけさせるために、ゆっくり(目安10分程度)浸かりましょう。湯船にゆっくり浸かる事で、体の汚れは落ちやすくなります。

 

シャンプーが合わなくて、耳の後ろが赤くなったり。寝ている間に掻いてしまって、お風呂でしみたり。そんな時、お風呂をさっと終わらせて、薬を塗っていませんか?薬が皮膚にのこった状態では、新しい薬を塗っても効果が出ません。皮膚を清潔に保つためにも、お風呂の入り方は重要です。皮脂は落とさず、汚れを落とす事を考えた入浴を心がけましょう。

 

「無添加」だからと安心していませんか?

無添加・オーガニック・アミノ酸なら安心という事はありません。103種類の指定成分が含まれていないなら「無添加」と名乗れたり、指定成分と似ている新成分を使用しても「無添加」と名乗れたりとてもグレーなんです。

 

無添加・オーガニック・アミノ酸は、植物由来成分が利用されている事が多いですが、その植物エキスもお肌によっては刺激となり、トラブルの原因となる場合もあります。毎日使用する物だから、シャンプー選びは慎重に行いましょう。

 

心配な時は皮膚科医に聞いてみてください。適したシャンプーを紹介してもらったり、病院によってはシャンプーのサンプルをもらえたりする事もあります。

 

アトピーを悪化させないためにも

アトピーを抱えた方は、お肌にとても敏感になってしまいがちです。その敏感さが、時にはストレスになることもあります。ストレスは、さらに症状を悪化させることになるので、毎日にリラックスする時間をつくったり、免疫力を高めるような胃腸が元気になる食べ物を摂取する事をおすすめします。異常が出た時は、自己判断せずに、かかりつけの皮膚科医に相談しましょう。

 

頭皮トラブルシャンプーランキングへ

スポンサードリンク