スポンサードリンク

頭皮の健康状態が気になる?あなたの〇〇な症状は?

頭皮の健康

 

頭皮の健康状態を気にしているということは、今現在あなたはきっと…

 

  • 頭皮がかゆい
  • 頭皮が乾燥してる
  • 頭皮が荒れてる
  • 髪の毛に元気がない
  • 髪が薄くなってきてる?

 

こんな症状があって、「なんか最近変だな」「頭皮や髪の毛が気になるな」と思っているからではないでしょうか?

 

健康な頭皮を手に入れるためにはどうしたらいいのか?5つの改善策で詳しく説明していきます。

 

健康な頭皮にするための5つの改善策

 

食事を改善する

頭皮の健康にする5つのポイント

頭皮には、体の健康同様、好き嫌いせず栄養バランスの取れた食生活を送ることが重要です。

 

更に、気を付けたいのが動物性たんぱく質の取り過ぎや偏った食事。これらは、頭皮トラブルの原因となってしまう場合もありますので控えるようにしましょう。また、頭皮を作り出すにはビタミンAやビタミンBが必要となります。

ビタミンA

うなぎ、にら、にんじん、かぼちゃ、肝油、緑黄野菜など

 

ビタミンB

納豆、レバー、セロリ、ほうれん草、小松菜など

 

これらに多く含まれていますので積極的に食事に取り入れましょう。

 

生活習慣を見直そう

頭皮の健康にする5つのポイント

不規則な生活とストレスはお肌だけでなく髪にも頭皮も寿命を縮めていきます。疲労は血行を悪くしたりホルモンバランスを狂わせ頭皮や髪を生み出す細部に栄養がいかなくなってしまいます。

 

頭皮、髪の毛を生成する細胞が一番活発なのは夜の10時〜午前2時です。不要な夜更かしは避けましょう。

 

正しいシャンプー選びをしよう

シャンプーは商品によっていろいろな成分が入っています。体質によっては合う・合わないがあるので自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切です。

 

注意が必要なシャンプー
  • アルコール系シャンプー
  • パーマの方用の成分が入ったもの
  • 髪を真っすぐしたい方用の成分が入ったもの
  • カラーが取れやすいもの

 

シャンプーを選ぶ時ににおいや価格も大切ですが、含まれている成分も気にしてみるとよいでしょう。特に、頭皮に問題がある人は石鹸系やオーガニック、ノンシリコンタイプや赤ちゃん用など刺激の少ないタイプのシャンプーがお勧めです。

 

10年の経験をもつ美容師が頭皮の状態や成分から

おすすめのシャンプーを紹介しています。

 

↓↓↓

 

>> 頭皮に優しい無添加シャンプーランキング <<

 

正しくシャンプーをしましょう

頭皮の健康にする5つのポイント

頭皮の健康には、正しくシャンプーすることも大切です。スタイリング剤を使っている場合、二度洗いが基本となりますので注意して下さいね。

 

まず、髪にシャンプーをつける前にしっかりとシャワーで髪を流しましょう。洗髪前に髪をしっかり流していれば頭皮の汚れの7〜8割は落ちます。

 

次にシャンプー剤をさくらんぼ大、若しくは1プッシュして一度目は軽く泡立てるように洗髪していきます。二度目では地肌をくまなく指の腹を使って洗いましょう。

 

しっかり洗髪したらすすいでいきます。

 

実は、この最後のすすぎが不十分だと匂いの原因になったり、シャンプーカスが毛穴に詰まってしまい頭皮トラブルの原因となってしまいます。

 

最後のすすぎはしっかり行なうことが大切です。目安は、いつものすすぎに10〜15秒多く流すように心がけると良いでしょう。流し残しがないよう注意して下さいね。

 

マッサージをしてみよう

洗髪後、マッサージを行なうことは頭皮の健康にとってとても大切なことです。マッサージをすると頭皮の血行が促進されて頭皮が健康になります。

 

お風呂上がりの清潔な頭皮をマッサージしてあげるだけで血行が促進され髪の毛を作る細胞をも活性化してくれます。また、マッサージでは頭皮を動かしてあげるのが第一の目的です。ブラシの先で叩いたり引っ張る必要はありません。

 

返って頭皮へのダメージになってしまいますので、1分〜5分指の腹を使ってマッサージし頭皮の筋肉を解してあげましょう。

健康な頭皮とはどんな状態の事か?

 
頭皮の色が青白く透明感がある

髪の毛を捲って地肌を見た時に頭皮の色をチェックしてみましょう。地肌が青白ければ健康です。信号機と同じで黄色は注意、赤は危険となっていきます。

 

頭皮を両手で動かしてみた時に遊びがあり動かせる

頭皮の健康にする5つのポイント

その為、頭皮を両手で動かしてみた時に遊びがあり動かせる状態であれば健康な頭皮と言えます。

 

つい10年前まで影に潜んでいたスキャルプケアがメディアでも取り挙げられる様になった背景には、女性の抜け毛や薄毛の悩みが増えたことが大きいと言われています。頭皮は髪の毛を生み出す畑です。

 

しかし残念ながら100人のモデルさんの頭皮を見ても花丸をつけれる人は1割にも満たないのが現実。それだけ、健康な頭皮の持ち主は少ないということなんですね。

 

頭皮へ負担をかける4つのNG行動

 
シャンプーする時に爪で洗う

沢山、汗をかいた後などやってしまいがちな行動ですが実は爪を使ってシャンプーすることで地肌が傷ついてしまいます。シャンプーの際はあくまでも指の腹を使って優しく洗いましょう。

 

トリートメント、スタイリング剤を頭皮につける

頭につけるものでしょう?と思いますよね。しかし、トリートメントやスタイリング剤は頭皮ではなく髪につけるものです。

 

その為、髪だけでなく頭皮にまでつけてしまうと毛穴がつまってしまい頭皮トラブルの原因となってしまいます。トリートメント剤はスタイリング剤は中間から毛先に着けて、スプレータイプのものは15センチは離して噴霧するようにしましょう。

 

帽子、ウイッグは被りっぱなしにしない

仕事柄、若しくはファッションで、帽子やウイッグを被りっ放しにしてしまう方は少なくありませんね。しかし、帽子やウイッグを長時間被っていると頭皮が蒸れてしまいます。

 

頭皮が蒸れると頭皮に潜む細菌が活性化しやすくなってしまう為、炎症や悪臭の原因にもなってしまいます。

 

帽子やウィッグは長時間被り続けないよう心掛け、どうしてもなかなか外せない場合は汗をかいたらこまめに拭き取るようにしましょう。

 

カラーやパーマの間隔が短い

髪の毛と頭皮は同じたんぱく質からできています。髪の毛の色や構造を変える薬は作用が強く髪の毛へのダメージは勿論、頭皮へのダメージも大きいのです。

 

その為、カラーやパーマを行なう頻度はなるべく1ヶ月以上空けるようにしましょう。

 

特に市販のものは薬独特のにおいを抑えるために頭皮や髪に残りやすい成分が主の為、髪や頭皮への負担は大きくなりがちです。使用する間隔はもちろん、使用法を読んで時間の置きすぎにも注意しましょう。

 

頭皮が健康だとこんなメリットもあります

 

頭皮の健康にする5つのポイント

  • 綺麗な髪の毛が生えてくる
  • ボリュームダウンを防ぐ
  • 顔のリフトアップ効果も得られる
  • フケが出ない

 

頭皮にトラブルが起こると生えてくる髪の毛の質が悪くなってしまったり、髪のボリュームがなくなってしまうなど、髪の毛にもトラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

頭皮トラブルにお悩みの方だけでなく、髪のトラブルにお悩みの方の中には、頭皮トラブルを改善したことで髪のトラブルも改善されたという方が少なくないのです。

 

髪や頭皮のトラブルとしてよく挙げられている抜け毛やボリューム、匂いに関してなどは大きく分けると血行不良による栄養の供給不良や皮脂、汚れの毛穴詰まりから起こることが非常に多いです。

 

これらを改善することは一見難しそうに見えて、実はとても簡単なことです。手間もコストも掛けずにほんの少し習慣の見直しをするだけで改善されることも少なくありませんので是非、お試し下さいね。

 

頭皮の健康でいるためには日頃のシャンプーが大切です

 

頭皮トラブルは、遺伝や外部的要因にも大きく左右されますが、生活環境の見直しがとても大切です。

 

即日効果を得られる事は難しく半年の目安で続けることが大切です。言ってしまえば、今改善策を練らねば悪化の一途を辿って行くばかりですので、早めのケアを始めましょう。

 

10年の経験をもつ美容師が頭皮の状態や成分から

おすすめのシャンプーを紹介しています。

 

↓↓↓

 

>> 頭皮に優しい無添加シャンプーランキング <<

 

 

 
スポンサードリンク